平井先生の労務のツボ

税務に関する問題

金融に関する問題

セミナー

検定

キラリ★この企業

電話でのお問い合わせ

お問い合わせ メールはコチラ

HOMEキラリ★ この企業 > 株式会社水生活製作所

株式会社水生活製作所 山県市東深瀬 代表取締役社長 早川 徹 氏 [2013.1.29]

お客様からの「塩素が入っていないお風呂に入りたい」との声から生まれました

第1回合同記者発表会(10月25日開催)発表商品
商品名 「おぷろ」

 (株)水生活製作所は、旧社名の早川バルブ製作所の頃から「美味しい水になる浄水器」をつくる会社として、浄水器の周辺部品を含めてたくさんの浄水器関連商品を開発されています。先般開催の合同記者発表会で発表した「おぷろ」は、風呂用浄水器を開発するなかで、「目線を変えて」登場させた浄水業界の新提案、全国初の商品です。

お風呂の水も浄水できないか

 「当社のシャワー浄水器は、従来から『髪や肌にも塩素の影響を与えたくないので、もう手放せない』という声をお客様からたくさんいただいていました」
と、自信をもって語る開発担当の早川さん。
 その声のなかで「お風呂用の浄水器がほしい」という声がほんとうに多くなっていったそう。
 「塩素は肌によい影響を与えない。困っているお客様の熱望に応えたい」
 早川さんら開発チームの想いはつのりました。そして「うちが作らなくては」と、決断。『お風呂用浄水器』の開発がはじまりました。

浄水器では大きすぎる

 動き出した製品化への開発プロジェクト。しかし、最大の問題がありました。
 「最近のお風呂は『自動お湯はりタイプ』が多いため、浄水器の配管への設置そのものが容易にできないのです」

 頭を抱えた開発チーム。

 「もっと手軽に、塩素のないお風呂に入ってもらいたい…」
 試行錯誤の日々が続きました。そして出た、結論は。
 「浴槽にお湯を張った後に、塩素除去する以外にない」
 その発想から開発されたのが、入浴剤。従来の入浴剤はお湯に入浴剤の成分をプラスすることで効果が出ます。ですがお湯に入浴料『おぷろ』をプラスすることで、塩素という物質が『除去』されるという、浄水器メーカーならではの画期的な商品なのです。

水からすてきな生活をつくり続けます

 「わたしたちは入浴剤業界に参入し、販路拡大を考えているわけではありません。『おぷろ』はあくまでも浄水器メーカーである私たちの『新しい形』として作り出した入浴料なのです」
 そう力強く語る早川さん。これからも水と生活に関わる開発にこだわり続け、「できない」を「できる」に変られるよう、突き進んでいきます。

『おぷろ』は、本年8月に水生活製作所に社名変更した当社の新社名をアピールするブランド商品でもあります

 早川さんら開発チームからは、いつごろ相談されたのですか?
 5年ほど前のことです。ちょうど東海北陸自動車道が全線開通し、この交通インフラができたことで、当社の「トライアル」商品製作、新しい試みへの歩みがはじまりました。
新しい試み?
 はい。北陸との道がつながったことで富山の製薬会社との深い関わりができ、当社の新しい試み
である『おぷろ』の誕生となったのです。当社が企画まで完全に取り組み、製造を製薬会社に任せ、
製造後の販売はもちろん当社だけが行う。今までとは全く違うジャンルへの進出となりました。こ
うして誕生した商品により、初の製造方法、初の販路との取引…と、まさに初の試みに期待と不安
がいっぱいでした。
そして、完成ですね。
 ええ。若い社員たちの熱意の結集です。原価的にも徹底的に贅沢に作っています。塩素除去は100%。そのほかにも肌にいい成分がいっぱい入っていて自信があります。デザインも徹底したマーケティングを行い、キャラクターをつくると共にこだわりました。
 この商品をひとつのきっかけに、これからも「作りっぱなし」はなく、「売る」ことまで見据えて、「社会に本当に必要なもの、お客様に必要と思っていただけるもの」の製作に、社員一丸となって全力で取り組みます。
私も何度も自分自身で入浴してつくりこんだ自信作です
これからも若き社員たちの開発に期待!

 

 

▲発表者 (株)水生活製作所 品質保証部開発課 課長 早川 貴之さん

▲(株)水生活製作所 代表取締役社長 早川 徹さん
COMPANY DATA

株式会社水生活製作所

住所/岐阜県山県市東深瀬94-2

TEL/0581-23-0570

設立/S38年12月1日

ホームページアドレス/
http://www.mizsei.co.jp/