労務に関する問題

税務に関する問題

金融に関する問題

平井先生の労務のツボ

税務に関する問題

金融に関する問題

セミナー

検定

キラリ★この企業

電話でのお問い合わせ

お問い合わせ メールはコチラ

平井先生の労務のツボ

HOME労務・税務・金融労務に関する情報 平井先生の労務のツボ > 知っておきたい最新の労務情報 第55弾

知っておきたい最新の労務情報 第55弾 [2019.10.01]

最低賃金 岐阜県は851円へ26円引上げ

 最低賃金について、地域別最低賃金額の今年度の改定がこのほど都道府県労働局長により決定され、順次、発表となりました。
 岐阜県は予定通り26円引上げられ、851円となりました。
 また、特定(産業別)最低賃金については、地域別とは異なりますので、詳細については、厚生労働省の特設サイトをご確認ください。


【令和元年度 地域別最低賃金改定状況(抜粋)】
都道府県名 最低賃金時間額(円) 引上げ額(円) 発効年月日
岐阜 851(825) 26 令和元年10月1日
静岡 885(858) 27 令和元年10月4日
愛知 926(898) 28 令和元年10月1日
三重 873(846) 27 令和元年10月1日
滋賀 866(839) 27 令和元年10月3日
東京 1,013(985) 28 令和元年10月1日
新潟 830(803) 27 令和元年10月6日
大阪 964(936) 28 令和元年10月1日
福岡 841(814) 27 令和元年10月1日
※括弧書きは、平成30年度地域別最低賃金額


◇適用される対象者は?

 最低賃金は、雇用形態に関係なく、すべての労働者に適用されます。

◇対象となる賃金は?

 最低賃金の対象となるのは毎月支払われる基本的な賃金なので、最低賃金を計算する場合には、実際に支払われる賃金から以下の賃金を除外したものが対象となります。


【 最低賃金の対象とならない賃金 】
①臨時に支払われる賃金(結婚手当など)
②1箇月を超える期間ごとに支払われる賃金(賞与など)
③所定労働時間を超える時間の労働に対して支払われる賃金(時間外割増賃金など)
④所定労働日以外の労働に対して支払われる賃金(休日割増賃金など)
⑤午後10時から午前5時までの間の労働に対して支払われる賃金のうち、通常の労働時間の賃金の計算額を超える部分(深夜割増賃金など)
⑥精皆勤手当、通勤手当及び家族手当

◇最低賃金のチェック方法は?
 日給や週給、月給制などの場合は、対象賃金額を時間額に換算し、適用される最低賃金額と比較します。


高年齢者活用促進セミナーのご案内

 10月28日、独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構 岐阜支部主催の「高年齢者活用促進セミナー」が行われます。ご関心のある方は、ご参加ください。事前に申込みが必要となりますので、雇用支援機構までお問い合わせください。


日 時:令和元年10月28日(月) 13:30~16:30(受付13:00)
会 場:じゅうろくプラザ 2階 ホール(岐阜市橋本町1-10-11 JR岐阜駅 徒歩2分)
参加費:無料
申込み:要事前申込み、定員200名
申込み先:独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構 岐阜支部
     TEL 058-265-5823  担当(長谷川・原・船渡)



働き方改革/人生100年時代の定年・継続雇用延長を見据えて
高齢者に第一線で活躍し続けてもらうために!

【 Ⅰ 基調講演 】
法政大学経営大学院 イノベーション・マネジメント研究科 教授 藤村 博之 氏
「高齢者雇用は企業を強くする」
~高齢者の経験と若手・中堅層の新しい技術・知識を組み合わせることでイノベーションが生まれる~

「60歳以降の雇用の問題点と対処の考え方」「高齢社会を生き抜く能力開発」など実務へのヒントもお話しいただきます。
 
講師プロフィール
京都大学助手、滋賀大学助教授、教授を経て、1997年に法政大学経営学部教授、2004年4月から現職。2007年度から4年間、法政大学キャリアセンター長を兼任。
専門は、人的資源管理論、人材育成論、労使関係論。現場を訪ねて、第一線で活躍している方々から話を聴くことを大切にしている。
著書に、『人材獲得競争―世界の頭脳をどう生かすか』(竹内、末廣と共著、学生社、2010年)、『新しい人事労務管理[第5版]』(共著、有斐閣、2015年)などがある。


【 Ⅱ 事例発表 】

①株式会社YKA 統括マネージャー 河合 晃司 氏
「攻めの高齢者人材活用法」
~イノベーションのジレンマ~ ケアアシスト(介護補助)職導入による生産性向上と高年齢者活用

②日本ガイシ株式会社 人事部人事グループ マネージャー 杉浦 由佳 氏
 65歳定年「シニアの活躍を促進する定年延長制度の導入」
~65歳まで安心して働き続けられる環境の整備~